【大河】「鎌倉殿の13人」あくどい頼朝も…帰ってきた義経に慟哭 ネット心痛 驚愕サブタイトル再び [湛然★]

1 :湛然 ★:2022/05/22(日) 21:06:42.02 ID:CAP_USER9.net
「鎌倉殿の13人」あくどい頼朝も…帰ってきた義経に慟哭 ネット心痛 驚愕サブタイトル再び
[ 2022年5月22日 20:45 ] スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/22/kiji/20220522s00041000359000c.html

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は22日、第20話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 稀代の喜劇作家・三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第20話は「帰ってきた義経」。京を離れ、奥州へ逃れた源義経(菅田将暉)。しかし、温かく迎え入れてくれた奥州の覇者・藤原秀衡(田中泯)が程なく天へ旅立つ。これを知った北条義時(小栗)は状況を探るため平泉行きを志願するが、義経の才を恐れる源頼朝(大泉洋)は藤原国衡(平山祐介)泰衡(山本浩司)兄弟の仲の悪さにつけ込み、義経を討つように冷たく命じる。八重(新垣結衣)に見送られ、平泉へと発つ義時。一方、捕らわれた静御前(石橋静河)は…という展開。

 文治3年(1187年)、失踪中の義経が平泉に現れる。文治5年(1189年)、義時は奥州行きを志願した。

 義時「九郎殿を連れて、必ず戻って参ります」

 頼朝「任せる。ただし、生かして連れて帰るな。災の根を、残してはならぬ。だが、決して直に手を下してはならん。(義時に近づく)国衡と泰衡の兄弟は仲が悪い。2人の間を裂け。泰衡に取り入り、焚きつけて九郎を討たせる。我らが攻め入る大義名分をつくるのじゃ。勝手に九郎を討ったことを理由に、平泉を滅ぼす。あくどいか。あくどいよのぉ。この日の本から、鎌倉の敵を一掃する。やらねば戦は終わらん。新しい世をつくるためじゃ」

 義時も覚悟を決めた。梶原景時(中村獅童)の命により、善児(梶原善)が奥州行きに同行した。

 頼朝の策を義時が実行。衣川館。義経も頼朝の策と分かっていたが「そこまで兄上にとって私は邪魔なのか。そう思うと、どうでもよくなった。この首で、平泉が守れるなら、本望だ」。鎌倉攻めの策を義時に披露。弁慶(佳久創)らと泰衡軍を迎え撃った。

 鎌倉御所。

 頼朝「九郎、よう頑張ったな。さあ、話してくれ。一ノ谷、屋島、壇ノ浦、どのようにして、平家を討ち果たしたのか。おまえの口から聞きたいのだ。さあ、九郎、九郎、話してくれ。九郎(嗚咽し、首桶を抱き締める)」

 「文治5年6月13日、義経の首が鎌倉に届けられた」(語り・長澤まさみ)

 頼朝「九郎ー、すまぬ。九郎、九郎ー」

 第14話(4月10日)、義経が木曽義仲(青木崇高)討伐へ向かう際が兄弟最後の対話。

 頼朝「黄瀬川のほとりで、おまえと再会してから今日に至るまで、じっくり二人きりで話したことはなかったな。戦から戻ったら、語り尽くそうぞ」

 義経「いかにして義仲を倒したか。いかにして平家を滅ぼしたか。夜を徹して兄上にお話しする日を夢見て、九郎は戦って参ります」

 約束は叶わなかった。

 第15話「足固めの儀式」などに続き、副題は驚愕のダブルミーニング。SNS上には「愚直さ故に翻弄され続けた義経。頼朝が流した涙がせめてもの救いのように思えた」「頼朝の情に厚い部分を視聴者にだけ見せること、で頼朝にヘイトが溜まりすぎないようにする三谷さんのバランス感覚が凄すぎ」

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

357 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 23:34:28.38 ID:GEJxPREk0.net

海から攻めるって、のちに同じ源氏の新田義貞がやったヤツだな。義経の復讐ってわけじゃないが、鎌倉を焼き尽くした

746 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 07:19:47.01 ID:Lpe+x8jS0.net

大泉や小栗が悪人なのがいいですね。大河は基本主人公を善人として描く
歴史的大事件を犯してても勝手に部下がやったことにしたり
そういうことをしない大河はあまり記憶にない

306 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 23:03:30.61 ID:fLvGCZu60.net

義経のサイコパスっぽい描写が今となっては余計だったな。
普通に純粋で良い奴だけど利用されやすいから殺すしか無かった、みたいなストーリーで良かったのに。

265 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 22:40:20.57 ID:H/qP/aZy0.net

いい最終回だった

527 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:41:00 ID:tYM0eaII0.net

>>490
実況スレに画像あったけど埋もれたな

574 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:55:59 ID:4e3bx13F0.net

>>561
アニメしか見てないとこうなる好例www

246 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 22:27:50.42 ID:Cg9UfVy20.net

>>176
応仁の乱とかぐじゃぐじゃやで

422 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:04:38.43 ID:4b0j3B0N0.net

>>416
だよねえ
泣いたシーン流石にしらけてしまっ圧

399 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 23:53:46.34 ID:PQVCem8M0.net

>>359
今回のって今日の大河って意味よ
先週までの鎌倉殿は面白かったよ

401 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 23:54:33.27 ID:PBHxgNCn0.net

>>395
泣くくらいなら殺すなって(笑)

208 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 22:12:04.34 ID:5LFHCxvP0.net

ロシアだな
頼朝はプーチンだ

655 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 02:30:33.34 ID:NuPozeqX0.net

>>8
歴史考証曰く
「兄弟への情と天才的政治家の才能との間で葛藤しているのが頼朝」
要するに再会した時の喜び様も最後の涙も本心

380 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 23:45:33.16 ID:GEJxPREk0.net

わざとなのかなって気もするがw 後白河も相当あくどいけど、西田敏行だとなんか憎めないんだよ
頼朝もその線を狙ってる気がする。その狙いが当たってるかどうかはさておきw

657 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 02:32:13.01 ID:cKN+6ipq0.net

>>20
てっきり新田義貞と同じ作戦提案するのかと思った

662 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 02:46:58.79 ID:gi2gT4eW0.net

>>348
なぜ持っている

132 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 21:48:34.55 ID:PPC9v0dQ0.net

>>82
自分で見て決めろよ

90 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 21:36:39.59 ID:J3aDHYYZ0.net

>>20
正解なんだけど銚子から三浦へは平安から江戸初期まで内川廻し

849 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 10:01:20.97 ID:RY2Gpk3M0.net

>>846
人気出る要素あると思う?

451 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:12:41.80 ID:SpTl59JS0.net

>>447
暗殺した弟の息子を一族扱いで育ててるんだけどね
ちなみに今どきドクロ杯が史実だと思っている人はいないよ・・

66 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 21:27:02.07 ID:CBGuYSw90.net

今回の大河は面白い。
一見ギャグ満載のフリをして残虐なシーンを平気で入れて来るし、純真だった小四郎が悪事に対して免疫を失う過程は見応えがある。
義経が結構悪人だったと言う序盤の演出も良かったな。

5 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 21:08:30.59 ID:kv5ZQOvk0.net

帰ってきたジロー

369 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 23:41:01.60 ID:ZAtBY7HE0.net

>>365
日本史に燦然と輝く、武名の持ち主と
鎌倉に引き篭もりの策謀家じゃ仕方ないよね、そこは
あんちゃんが酷すぎる

448 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:11:34.67 ID:GxNWFY0Y0.net

>>445
便利な言葉だよなw 女は芸の肥やしと一緒のヤツ

777 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 08:08:28.22 ID:auHXQYms0.net

>>492
ダサ過ぎる絵だな

450 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:12:33.08 ID:e/CG0Bxw0.net

>>407
上総介は赤の他人、義経は兄弟という間柄の違いが大きいのでは

あと平家討伐にイマイチ乗り気ではない御家人に囲まれて孤立感を感じていた頼朝にとっては
平家絶対滅ぼすマンの義経の存在は嬉しく
もあり頼もしくもあっただろう

613 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 01:21:45 ID:fRNXtB5C0.net

>>610
確実に逃げられる道があったら義経は逃げてるだろうしね

452 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:12:47.89 ID:MaV5OVou0.net

情け容赦ないサイコパス具合なら

信長≧頼朝>>>秀吉>家康

ぐらいだろ

512 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:36:09 ID:X57y1yJf0.net

鎌倉襲撃の策を披露するのは蛇足だったな
策が幼稚すぎてなんとも・・・

まず兵を送る船がねえよ

950 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 12:43:22.48 ID:Ve4Hh/yf0.net

泣いた
最後の頼朝の号泣にかわいそうって泣いた

420 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:02:40.45 ID:S7E+R7e30.net

堀北真希ってなにしてんのかね

368 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 23:40:17.72 ID:oYHb0O1v0.net

>>360
今はコロナ禍だから修学旅行は東北めぐりになってるとこおおいけど
遠足で平泉いくかな
コロナが無ければ
中学で東京、高校で奈良京都とか広島とか

623 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 01:33:41 ID:Aj2LBisj0.net

義経は戦う気なんて無いと言ってたけど、史実では奥州に逃げてから何度か軍率いてちょっかいかけてたらしいね

復権狙って京と連絡取ろうとしたり

13 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 21:12:11.58 ID:sxWRzxJ10.net

ウラシマンで最後、ルードヴィッヒが、帰ってきたな

252 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 22:34:03.79 ID:/kcUxtbV0.net

>>122
受信料払ってるならNHKプラスでタダで見れるよ
正確にはタダじゃなくて受信料にコミコミだけど

572 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:55:18 ID:3ierBhKU0.net

義経上げる為に頼朝をサイコパスにさせ過ぎだなw
現実は執拗に追い詰めて生首送らせて歓喜だろうよw

432 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:07:19.91 ID:GxNWFY0Y0.net

>>423
勝つためには手段は選ばないが、頼朝が好きだったのだけは本当だったってことかな
その為には同母兄もハメるというw でもその割に世話になった庶民に優しかったりするな

491 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:26:46 ID:eABtsLwZ0.net

>>316
仙台だが小6の修学旅行が会津で
中1か2の遠足が平泉だった

181 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 22:03:24.65 ID:tPlZUc4y0.net

>>175
> 残酷な頼朝→ショックを受ける義時→でも結局実行する義時
> 毎回毎回同じパターンやりすぎだろ

今回の義時さん、割とノリノリだったような…

88 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 21:35:11.47 ID:DqI+ak5K0.net

頼朝はホントは義経を殺したくなかったんじゃないかなーという、三谷史観。

竜馬と近藤勇が相撲とってたらいいなーとか
土方は合理主義者だから、侍として死ぬ気は無かったね
という、過去作と同じ、三谷の悪いとこ出たな。

274 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 22:45:11.35 ID:Daw9V2F60.net

>>234
戦が関わらなきゃ人情味も思いやりも信じる心もちゃんとあるんだろう、それこそ兄よりずっと
しかし戦になればある意味頭のネジが飛ぶ、そんな多面性が良かったよ

260 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 22:37:03.28 ID:5emZtXHK0.net

>>116
悪くなる報いで八重が死ぬんだろ、来週

149 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 21:51:44.99 ID:Nq9lc9im0.net

藤原泰衡ってアリキリのあいつじゃないのか

872 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 10:49:30.37 ID:r7M0SmSA0.net

>>867
え?脚本書いてるの誰だよ
キャスティングに口出して当て書きしてる人が誰だと思ってるの?

586 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 01:04:09 ID:+sjo4id40.net

これ、つまらんのよね

309 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 23:04:36.37 ID:Nq9lc9im0.net

先週だっけ死に神が馬さわってたじゃん

504 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 00:31:00 ID:SpTl59JS0.net

>>479
静御前が架空の人物とも言われるけど
舞に怒ったシーンは吾妻鏡の創作とされている

229 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 22:21:33.82 ID:iyKFyd5M0.net

>>92
それはまた別の話

289 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 22:54:56.57 ID:5sAeDPHs0.net

ふじわ

698 :名無しさん@恐縮です:2022/05/23(月) 05:30:16 ID:/aHlJ0YY0.net

>>643
関ヶ原の合戦が毎回使い回しだしなw真田丸でまるまるカットされたのもそれに対しての皮肉かもしれない。

341 :名無しさん@恐縮です:2022/05/22(日) 23:25:08.70 ID:v1GLndu50.net

>>328
>>335
ストーリー上はそうだけど演技や演出が全く変わってない
内面の変化が表現されてないな

コメント

タイトルとURLをコピーしました