Design

Kode9×森本晃司、空間の支配力 (後編)

代表作の一つであるKen Ishii のミュージックビデオ「EXTRA」では退廃した近未来的なアニメーションで世界に衝撃を与えた映像作家、森本晃司。そして、ロンドンの音楽レーベル「Hyperdub」を主宰し、ダブステップからUKハウス、グライムまで幅広くプレイするKode9。この2人が語る、映像とサウンドの深い関係について。
続きを読む
森本 僕は、音楽を聴くと、映像が見えるというか、この音なら画面に対してこういう動きが欲しいなとか、手前から奥に行くような動きだなとか、ついつい考えてしまうんです。街中でもヘッドホンを付けて、音楽と街の風景をミックスさせながら、映像をイマジネーションして、一人で楽しんでいたりするので。周りから見ると変な人ですね(笑)。

Kode9 僕は全く逆のことをしているんだ! アニメーションのサウンドを消音にして、「このアニメーションにはこういう音楽が合う」って考え込む。ある作品を分解して、もう一度別の文脈に乗せてしまうということだね。以前、イメージと音楽を一緒に扱うことを教える授業をしていたんだけど、その時も生徒に同じことを教えていたよ。

続きを読むには

CO:LABSに無料登録しよう
CO:LABSメンバー登録した時点で、利用規約へ同意したものとみなします。