Music

サウンドとビジュアルの一致を目指す Daisuke Tanabeの挑戦

続きを読む
音楽家・Daisuke Tanabeとアーティスト・浅井宣通がコラボレーションし作り上げた、ビジュアルと音楽がかつてないシンクロニシティを持ち観客に迫るパフォーマンス「Light Groove」。
このパフォーマンスが、10月11日、六本木1OAK Tokyoにて開催されるCo:Labsのローンチパーティーで披露される。
サウンドとビジュアルの完全なる一致を目指し、グルーヴが強調されることで没入感が増す――従来の“VJ”のあり方にアンチテーゼを投げかける刺激的なパフォーマンスだ。
音楽好きにとっても、アート好きにとっても必見の公演を控えるDaisuke Tanabeに、音楽家としてどうやってこのパフォーマンスを生み出していったのかを聞いた。
 

回を追うごとに、音と光のシンクロ率が上がっていく


──「Light Groove」はビジュアルアーティスト浅井宣通さんとタッグを組んだパフォーマンスですが、音楽とビジュアルのコラボレーションはどのように作られたのでしょうか?

Tanabe
 浅井さんとは何度も何度も打ち合わせやテストを重ねて作っていきました。浅井さんが作ったものを見て、僕が音を作って渡して、さらにその音からプロトタイプを作る…という過程の繰り返しです。僕としては、浅井さんの表現が何より楽しみでしたね。コラボレーションですから、僕が独りよがりな楽曲をつくってもしょうがない。だから、隙間というか、入る余地を与えるような音楽を作っていきました。

続きを読むには

CO:LABSに無料登録しよう
CO:LABSメンバー登録した時点で、利用規約へ同意したものとみなします。