fbpx
注目キーワード
覚えておかないと損ーアドセンス狩りの説明と対策

覚えておかないと損ーアドセンス狩りの説明と対策

まず、アドセンス狩りとは、アドセンス広告を埋め込んだサイトを自動的にアクセスし、クリック数を底上げする行為です。
たしかにアドセンスのプログラムポリシー違反に該当するため、アカウントが停止される可能性があります。
まず、対策としてはプラグインを使用してアドセンス狩りの自動クリックを防ぐことができます。


例えば、「AdSense Click Fraud Monitoring」や「Anti Adblocker for Adsense」などのプラグインをインストールすることで、自動クリックを検知し、分析・報告することができます。


また、アドセンス広告を埋め込む場所を変更することで、狩りをする人がクリックするのを困難にすることも有効です。
また、アドセンス狩りの有無を確認するためにクリック数を日ごろから確認しておくのも有効的です。

アドセンス狩りが発生する理由

アドセンス狩りが横行する理由は、広告収益を以て生活をする
ブロガーやメディアライターに対しての嫉妬・恨み当により広告を停止させ収益を発生させなくさせるのが目的です。

Adsense狩りをしたり受けたりすると起こること

  • アドセンスアカウントの停止・無効化
  • 電子計算機損壊等業務妨害
  • 損害賠償

アドセンスアカウント停止・無効化

Adsenseのみならずディスプレイ広告ネットワークでは
広告主と媒体者での安心・安全なエコシステムの実現のために
日々、広告不正取引(アドフラウド)に全力で対策しております

したがって、過度なインプレッション増加やクリックかさ増しがあった場合適宜、収益の返還、広告配信の停止・アカウント無効化等の有効措置を
取っているわ

電子計算機損壊等業務妨害

ウェブサイトやメディアにはサーバと呼ばれる
コンピュータが使われている

電子計算機損壊等業務妨害は刑法
第315章 234条2項
に下記のように
定められているわ

人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する電磁的記録を損壊し、若しくは人の業務に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、又はその他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき動作をさせず、又は使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した者は、五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

e-Gov法令データベース
電子計算機損壊

繰り返しアクセスをするインプレッションのかさ上げ行為は
別名DDOS攻撃(F5アタックや田代砲)と呼ばれる攻撃に該当し

サーバのダウン等サービスの提供を困難にした場合は
電子計算機損壊等業務妨害の罪が成立する可能性がある

またこれらによりブロガーは契約先レンタルサーバ会社から
損害賠償請求を受けブログ活動に支障を起こさせたとして慰謝料請求がされるかのせいがあるのぜ

また大手メディアの場合直接サーバを置いてる場合は
直接、損壊等の損害賠償請求が来る可能性も考えれるわ

アドセンス狩りの対策

まず、アドセンス狩りはプラグインかアドフラウド対策サービスで対策できます。

アドセンス狩り対策プラグインによる対策

一般的にアドセンス狩り対策プラグインと呼ばれる
AdSense Invalid Click Protectorは各セッションごとの指定時間の
間の広告リクエスト、インプレション回数及びクリック数を計測し
レポート生成・IP単位でのアクセスを制限するものです。

アドフラウド対策サービス

アドフラウド対策サービスはプラグインの上位互換的な存在です
BOTトラフィックのアクセスは自動判別によりそもそもアクセスを制限
させます、さらに独自の分析システムを持っておりよりわかりやすい
レポートを収集できます。

結局はどっち? もちろん後者です

結論として、プラグインではBOTのアクセス判定と制限機能が無いので確実に食い止めるなら後者がお勧めです。

当サイトでも使っている魔理沙っちお勧めのアドフラウド対策サービス

当サイトでは、GCPPの一つであるMonetize more
アドフラウド対策プロダクトTrafic Cop(交通警官)を導入しているぜ

Traffic CopはBOTのアクセスを自動で判別し広告のリクエストを
制限させる機能がついてるわ

不正なクリックを検知した場合
次回訪問時の広告のリクエストを停止させ
Google reCAPTCHAによるスパム認証を要求し
応じない場合は広告の取得の停止継続並びに記事のグレーアウトを行う
と言う最強のプロダクトだ

アドセンス狩り クリック回数を国ごとに整理

アドセンス狩り対策、Traffic Copレポート画面

アドセンス 狩り クリック 数を国ごとにソートして疑わしいトラフィックなどのクリックデータを
%で表示してくれてすごく見やすいのです

アドセンス狩りにあったらすることは報告? いえ何もありません

仮に、アドセンス狩りにあってしまったら何をするべきでしょうか報告?いえ何もすることはありません

以前は不正なトラフィックに関しては調査と対応策の報告が必要でした。
しかし今は、Google側で自動的に収集対応を行っているので軽微な物であれば控除・除外してくれます。
そのため、今すぐに報告をする必要はありません。

しかし重大なトラフィックがあると停止・無効の対象になるため、したがっていつでも報告・対応ができるように
分析のしておくことが必要です。

まとめ

アドセンス狩りのする側とされる側に焦点を合わせていきましたがいかがでしょうか?

つまり広告収益を得るのは情報を提供する対価であり、立派な事業です。
したがって、営業を妨害する行為は、報復が待っています。

そのため、アドセンス狩りにを行わないようにしましょう。
また、サイト運営者はいつ遭っても問題ないように備えておくことが大切です。

合わせて読もう

覚えておかないと損ーアドセンス狩りの説明と対策
最新情報をチェックしよう!