fbpx
注目キーワード
NO IMAGE

ほったらかしでOK!資産運用は任せる時代に簡単にできる方法4選

今の時代は資産運用の方法も多様化してきている
今回はほったらかしででも運用できるズボラ家計向けの
運用方法を三選紹介していくぜ

ほったらかしで運用できる資産運用方法
  • 投資信託
  • ETF(上場投資信託
  • 株式累投(積み株)
  • ロボットアドバイザー

投資信託

投資信託は、多数の投資家から販売会社を通じて拠出された資金を、運用会社に属する資産運用の専門家が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう運用を指図し、運用成果を投資家に還元する金融商品

定期定額の買い付け設定を行うことで
ほったらかしで運用できるわ

また分配金を再投資に回す設定をすることで年間を通して
倍々ゲームにすることもできるぜ

投資信託が買えるところ

投資信託は以下のところから買えます
  • 銀行
  • 証券会社
  • 運用会社の直販サービス

ETF(上場投資信託

ETF(上場投資信託)は株式のように購入できる
投資信託でインデックス指標を基にした上位数十銘柄に
一括で投資できる金融商品だ
ETFによってはワンコインで買えるものもあり株式個別銘柄運用よりも
はるかに簡単に運用できる商品だ

ETFは後述の株式累投と組み合わせるとさらに効率よく運用できるわ

ETFが買えるところ

ETFは証券会社のトレーダー(取引ツール)を用いた購入することができます

株式累投(積み株)

株式累投(積み株)は正式名称株式累積投資
とよばれ、大体1万円から設定でき毎月規定の日に
口座引き落としにより入金・その日の成り行き(現在値)で買える
最大の数で自動購入してくれるサービスだ

対象は個別銘柄、ETFよ

知っておきたい資産運用は定期定額が初心のうちはベスト!

資産運用は富裕層が100万とかをかけて行うイメージがありますが
今は違うのぜ資産運用は誰でも始めることができるのぜ
(民法上の法律行為に当たる契約が制限される人を除く)

初心者のうちは定期定額がおすすめ!!

その理由はドルコスト平均法と言う
運用メソッドがあるからだ

ドルコスト平均法
ドルコスト平均法

ドルコスト平均法は上図のように
ドル(商品)とコストを平均的に運用するメソッドだ
その日の株価が高ければ購入口数が減り、安くなれば
購入口数が増える、中長期な運用をする場合によく用いられるぞ

初心者のうちは中長期な運用を心がけて
コスト抑えるのがベストね

累投のできるところ

野村証券
auカブコム証券
大和証券
SMBC日興証券
三菱モルガンスタンレー証券
東海東京証券

銘柄選択が嫌な人向け 真のほったらかしで運用ロボットアドバイザー

ロボットアドバイザーはAIが自動で世界情勢・景気動向に
応じてETF、投資信託などの銘柄を選択・売買する
一任型と購入する銘柄の提案をする提案型の二つがあるぜ

真のほったらかし運用である
一任型ロボットアドバイザーなら入金するか・口座振替を待つだけでOK

一任型ロボットアドバイザー

ウェルスナビ
トラノコ
THEO

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

資産運用の最新記事8件